読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Carat (カラット) 経営Blog

経営者としての仕事からプライベートまで

資金調達とは

おはようございます

今日は世の中も、お休みみたいですねー。

 

休日や祝日みたいなのが

特に関係なくなってきたので不思議です。

 

そして朝からNHKの人に

受信料とやらを巻き上げに来られました。

(地味に痛手です・・・)

 

今回は資金調達について

そもそも資金調達とは!?

 

まず僕たちスタートアップは基本的に

ぶっちゃけ特に仕事をしているわけではないので

収入は基本ゼロです。

(受託開発や別でアルバイトとかしていない限りは)

 

なので今後の事業をスケールさせる手段としては

・知り合いや銀行などからの借入

・エンジェルやVCからの資金調達

の大きく2つかなと思います。

(自己資金でまかなえると理想。。)

 

借入について

こちらは個人として何かの信用を担保に

お金を借りるという方法です。

 

会社にも所属がなくなり収入がないので

銀行は相当貸すのを渋るパターンです。

 

資金調達について

こちらは事業や経営メンバーのポテンシャルなどを見て

いわゆる投資をしてもらう形です。

 

その代わりにスタートアップは株を

VCなどに一部提供する形となります。

 

つまり投資してもらうことというのは資金を得る代わりに

経営に少なからず関わってくるということです。

 

なのでよく言われるのは

投資家については結婚相手を選ぶぐらい

慎重に選ばなくてはなりません。

(まだ結婚相手も選んだことないです)

 

あとはそもそも資金調達をする必要があるのかどうか。

f:id:Carat:20161103115122p:plain

 

ここら辺は以下の資料に詳しく書かれています。

www.slideshare.net

 

かつ僕が今のところざっと調べただけで

これだけのVCがあります。

 

めちゃくちゃ多いですね。笑

 

起業するにもVCしかりインターネットしかり

やりやすい世の中に変わってきているのではと思います!