読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Carat (カラット) 経営Blog

経営者としての仕事からプライベートまで

Botについてまとめてみた

最近 流行りの

Botというものについてまとめてみました。

 

そもそもBotってなに?

ボットとは、ロボットの略称であり、

人間に代わって作業を自動的に行うプログラムのことをいう。

 

元々はTwitterBotなどから始まり、

最近ではFacebookやLINEなどでの

チャットボットと呼ばれるものが

注目を集めてきている。

 

チャットボットは、一人以上の相手とテキストや

音声等を用いて会話を自動化するプログラムのことをいう。

  

例えば最近だとマイクロソフトの提供する

女子高生AI「りんな」というと聞いたことがあると思います。

 

このBotと呼ばれるものを大きく分けると

2種類に分かれてきます。

ルールの範囲内でのみ会話ができるBot

これはあらかじめBot管理者が

管理側で特定のルールを作っておいて

それに対してレスポンスを送るというもの。

 

決まったワードに対してレスポンスを行うため

機能としてへ限定的で想定外のものには対応できない。

 

機械学習を活用した人工知能Bot

機械学習などの人工知能技術を活用したBotは、

柔軟な受け答えをすることができる。

 

データや法則を学習していくので、

ある種様々なレスポンスが可能になってきます。

 

Botのビジネスへの使い道

色々とあるようですが、ざっと書き出してみます。

・カスタマーサポート

・広告の配信 

・ECとしての商品探し&購入

マーケティング活用

・飲食店やホテルの予約サービス

・電子伝票の配布

・お天気の配信

・英会話サービス

などなど

 

人を立体的に介さず手軽に出来るという点で

様々なビジネスで活用が盛んになっているみたいです。

 

Botを活用するメリットとしては

わざわざ別のアプリを使ってもらう必要がなく

既に使い慣れているLINEやFBメッセなどで

手軽に使えるという点でしょうか。

 

LINE Botを活用したサービス事例

・reluxコンシェルジュ
 テーラーメイド型の旅行提案サービス(無料)
 営業時間:平日・土曜 10:00〜19:00 

bizkyo.com

 

ヤマト運輸
 

news.botandegg.com

 

FBメッセージ Botを活用したサービス事例

CNN:ニュースの配信

Spring:ECサイトでの購入

Poncho:天気予報

Wantedly:求人検索

blog.comnico.jp

 

終わりに

まだまだ盛んになってきそうですが、

ビジネスでの活用やマネタイズ部分では

少し工夫が必要になってきそうですね。