読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Carat (カラット) 経営Blog

経営者としての仕事からプライベートまで

新卒ベンチャーへの就職に迷う人へ送る

はじめに

今回は私自身の経験も踏まえて、

少しベンチャーへの就職というものについて

考えて述べてみたいと思います。

 

まず初めにどういうベンチャー企業

良さそうなのかというところを少し。

ベンチャー企業の選び方

大きく私としては3つあると思っています!

 とその前にここではベンチャーでバリバリ働き

結果を出し自分の能力を高めたいというような

少しアツ目の人向けにという前提とします。

  1. 資金調達や第3社割当などを受けているか
  2. 伸びていく事業・ビジネスモデルかどうか
  3. 新卒の競争倍率はどんなものなのか

私自身はこの3つを軸にしました。

経営者が凄いとかっていうようなのは、

ベンチャー企業を経営しているような人は

だいたい凄めの人なので割愛。

資金調達や第3社割当などを受けているか

ここは非常に重要です。

まずベンチャーというものは言わずもがな

企業としてはある程度不安定なのもので、

そのリスクをどれだけヘッジできるかという

ところがポイントとなります。

 

その指標の1つがここにあたります。

端的に言うとその会社の企業価値

第3社や市場が評価しているという点が

ここに顕著に現れます。

 

どれぐらいの資金調達をしているかといった

目安が具体的にあるわけではないですが、

企業価値が高ければそれだけでポテンシャルが

高く評価されているというわけです。

 

+αここで投資してくれている

株主(いわゆるVCや投資家)なんかも

見てみるとより良いと思います。

 

私が勤めていたSHIFTだと当時は

三井物産・Draper・ワークスなどから

総額4億ほど出資を受けていた記憶があります。

伸びていく事業・ビジネスモデルかどうか

ここは結構難しいのですが、

要は事業内容がありきたり過ぎやしないかとか

競合がどれだけいるのかとかそういうところです。

 

ありきたりなことや同じようなことを

どれだけの会社がやっているのか、

そういうところを是非調べてみて下さい。

 

端的に言うとその会社に差別化ポイントが

あるのかというのが大事です。

ここを人事の人がしっかりと

語れているかを質問してみて下さい!

 

もう少し細かいところでいうと

決算資料なんかを見て営業利益率が

どれぐらいのものなのかを知って下さい。

 

高い営業利益率を保持している

ビジネスモデルの場合、

キャッシュフローが良好になる可能性が高い、

そうなるといわゆる"投資"に回すことができる。

つまり新卒の成長機会に投資されるケースが増えて来ます。

新卒の競争倍率はどんなものなのか

ここも個人的には大事だと思っていて、

チャンスを掴むなら倍率が低いところの方が

掴みやすいに決まっています。

 

最終的には個人の判断ですが、

サイバーやDeNAGREE楽天なんかは

いわゆるメガベンチャー企業と呼ばれ

こぞって優秀な人が集まります。

そうなるととびっきり優秀でも

チャンスを掴む確率は当然下がります。

 

なのでややニッチな企業でも先にあげた2つを

満たすのであれば飛び込んでもいいかもしれません。

 

私の場合は同期が13人で当時新卒採用の2期目、

競争倍率的にはオイシイところでした。

それでも英語ができる人・プログラミングができる人

など優秀な人ばっかりでした。笑

終わりに

ここまで来たらあとは個人の価値観の問題です。

周りからはもっと大手行って稼げるのにとか、

そんな知らない企業に行って何するのとか、

いろんなことを言われたりはします。

が、自分が信じて進んだんなら、

それはもう個人にとって正解です。

 

あとはベンチャーは成果報酬的な考えが

強いは強いですが報酬にはそこまで期待しないで下さい。

ベンチャーでの報酬はどちらかというと

あくまで"仕事"と"経験"だと思います。

 

こういうところを欲している人は

きっとベンチャー企業へ行っても成功すると思います。