読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Carat (カラット) 経営Blog

経営者としての仕事からプライベートまで

なぜ起業するのか(ちょっと長いです)

はじめに

最近いろんな方になんで会社を辞めて

わざわざ起業するのかとか昔から考えてたのかとか聞かれるので

少し振り返りながらまとめてみようと思います。

 

いつから起業を考えていたか

新卒の就職活動の時から考えていました。

大企業ではない比較的いろんなことが経験できそうな

ベンチャー企業に入って様々なことをインプットして、

2−3年働き起業をするというのは予定通り。

(ちょっとだけ前倒しになりました 笑)

 

誕生日が元旦でキリもいいということで

個人的には25歳から必ず新しいことに

チャレンジしようと思ってました。

 

なんで起業するのか

これは私自身も少しふわっとしている部分もあります。

 

その前に過去エピソード 笑

 

昔から野球をしていて当然

夢はプロ野球選手だったわけです。

なので中学から強豪校に進学し、

高校野球で活躍しプロになる、

そんなストーリーを考えていました。

 

中学時代はレギュラーも取れて

いい感じに乗り切りました。

 

晴れて高校野球デビューになり、

進学して練習に入るもひたすら走る&筋トレ。

 

実は長距離は苦手、、、

このいわゆるふるい落としされる場面で

私も落ちる側に回ってしまいました。

 

ここで挫折、、、

野球部を辞めてしまいました。

(1つ目の挫折ポイント)

 

その後もある程度の能力はあったので、

軟式野球やテニスをしたりと。

 

しかし、野球を諦めてしまったことは

めちゃくちゃ響きましたね。

何をしてもどこか物足りない的な。

 

そこから高校の先生とふとしたことでケンカ 笑

器用貧乏なので指定校推薦で

関学・関大ぐらいに行くポジションにはいました。

 

が、こんな学校の力を借りるのは癪だと勉強を開始。

(これが高2の夏ぐらい)

 

どうせならギャフンと言わせたいので、

その学校からはあまり行けない同志社を志望。

(偏差値40ぐらいから、60越えを目指す戦いの始まり)

 

無理だ無理だと言われ続けましたが、

1年間必死こいて勉強しました。

 

そして大学入試に突入。

滑り止めなんてしないと同志社関学のみを受験
(当時からそういう性格でした)

 

結果発表、、、

最初の方の日程が関学だったので

そちらから順に結果が返ってくる。

(しかし、全て不合格。。。)

 

名前を書き忘れたのか?受験番号間違ったのか?

予備校の先生や周りもそんなことを言う始末。笑

 

同志社は果たしてどうか・・・

4つ受験し最終日まで不合格続き。。

 

最終日は残すところ2つの結果発表があった。

半ば心折れているので布団の中で、

ガラケーでネットで結果発表を見た。

受かっていた、、、!!

(この受験戦争が2つ目の挫折ポイント)

 

と言うことで同志社に苦労して進学、

しかし待っていたのはただの自由。

(何していいか分からなかった)

 

合格することを目的としていて

その先を具体的にイメージしていなかった。

(ここで学校よりバイトやテニス漬けに)

 

そろそろヤバいなと思い始めた3回生。

ちょうど海外インターンというビラをもらった。

 

こんなものがあるのかと、

語学留学などはかなり嫌いだったのだが、

お願いをして行かせてもらった。

 

ロサンゼルスで1ヶ月、

日系企業インターン

 

ここでインターネットや働くことについて

いろんな価値観を学びました。

※ここはまたの機会に。

 

戻り戻って、、、

なんで起業するのか

もともとはプロ野球選手になりたかったんです。

で色々と人生を過ごしてしまった結果、

残ったのが社会人生活、要はビジネスだけでした。

 

じゃあビジネスでのプロみたいなものって

何だろうと考えた結果、ふわっと経営者になりたいと。

 

だから会社を事業を足跡を創りたいと思いました。

(ちゃんちゃん)

 

終わりに

最後まで読んで下さった方はありがとうございました。

 

最近は丸くなって来ている気がするので、

もっとギラギラしていこうと思います。

 

今後とも、ご声援宜しくお願い致します。