読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Carat (カラット) 経営Blog

経営者としての仕事からプライベートまで

なぜ人は写真を撮るのか!?

久しぶりにはてなブログにきちんと投稿します。

 

先ずは最初に非常に興味深い記事ですが、

SnapchatのCEOによると現代の若者は

人と"会話"をするために写真を撮っているそうです。

www.fuze.dj

 

確かにその通りでなぜ写真を撮るのかというと

・思い出に残す

・会話のネタ、きっかけ(友人などにLINEなどで送ると会話が盛り上がる)

SNSに投稿するためのネタ、材料

なのかもしれません。

 

本来は思い出に残したりするために

使われたカメラであり写真というものですが、

今では別の価値を提供しつつあるのかもしれないですね。

 

 

そんな中で弊社も"写真"というところを主軸に

サービスを開発しているわけなのですが、

どんな価値をユーザーに提供するのかというところを創り上げようとしています。

 

例えば、

・ドリル:"穴を開ける"という価値

・カメラ:"写真が綺麗に撮れる"という価値

・電車:"早く目的地につける"という価値

スマホ"快適にネットブラウジングができる"という価値

などを提供しているわけです。

もちろんこの価値はユーザーによって変わってきます。

 

そうなる場合のSnapcoinとしてユーザーに提供する価値は何なのか。

そういった部分をきっちりと創り上げる必要があるよねと

創業者間でここ最近まさに議論をしているところです。

 

 

簡単にSnapcoinのサービス説明をしておきます。

手軽にカメラマンが見つかるわけなのですが、

ユーザーは要望(日時や場所や予算など)を登録すると

カメラマンの方から提案・連絡が来るという仕組みです。

f:id:Carat:20170225113926p:plain

通常カメラマンに頼もうとすると

プロの場合1万円/hほどするところをSnapcoinの仕組みを

利用することで価格を抑えて必要なタイミングで

カメラマンを手配することが可能です。

 

しかも要望を出しておけば連絡が来るので、

自分で探す手間は省けます。

その後はSnapcoin上のチャットで詳細なやり取りすることが可能。

 

撮影に関わるプロセスを分解しSnapcoinのプラットフォーム上で

一気通貫に完結することが可能にしたいと思っています。

 

 

もうちょっと時間をかけてサービスの概要などは

まとめて書きたいと思います。

 

Snapcoinはこちらから↓

snpcoin.com